スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キューブリック『バリー・リンドン』 —「スト—リー」と「語り」のミスマッチ


     映画における「語り」と「ストーリー」のミスマッチが、『ノア』にあると前回の記事で言ったけれども、どうも私は、それに惹かれるようだ。一つそんな場面を紹介。



    スタンリー・キューブリックの『バリー・リンドン』(1975)からのシークエンス。18世紀の華やかな貴族社会。シューベルトの『ピアノ三重奏曲』を背景に、レドモンド・バリーとレディ・リンドンが愛を交わす。

     愛を交わすといっても、そこに会話はない。音楽と役者の演技・しぐさ、カメラワークがその内容を担当している。特に視線を交える二人のミディアム・ショットの連鎖がたまらない。緊張。どきどきする。

     ドキュメンタリー風ともいえる味気ない神視点のナレーションとともに淡々と進行するこの作品において、このシークエンスは異様な存在感を醸し出している。それはこのシーンがあまりにリアルだからだ。

     安直なロマンス映画が陥りがちな冗長な言葉はそこにない。あるのは、二人の生々しい視線やしぐさ、そして音楽。遠い300年前が映画の舞台。しかしそこにある映画の「語り」は、現代の私たちと同じような感性から作られているように感じる。ぐっと映画が現代的になる。「ストーリー」と「語り」のミスマッチ。私はそこに感動する。

     この映画にはそういうシーンがたくさんあるし、キューブリックの他の映画にもこのようなシーンはたくさん出てくる。キューブリック映画は「語り」が魅力的だ。

     単に男が女をナンパするというシーンを、これほどまでに上品に描ける巨匠キューブリックの手腕に畏敬の念を覚えながら、第三考を閉じようと思う。シューベルトの音楽、美術、照明、映像と音楽の同期性など、このシーンの魅力は簡単には語り尽くせない。またの機会に。


    西東あき

    具体的な書籍等の紹介を含め、ご意見アドバイス等があれば。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    はじめまして、こんばんは!

    週末に見たい1本の映画でブログを書いている者です。
    バリー・リンドンは僕も見ましたが、このシークエンスは確かに印象的でした。
    西東さんは「ストーリー」と「語り」のミスマッチという視点で書いておられますが、その見方は興味深いですね。楽しく読ませていただけたので、僕のブログのリンクに西東さんのブログをはりました。よろしくお願いします。

    Re: No title

    >ジョルジュさん

    初めまして。
    ありがとうございます。
    生まれて初めて、鑑賞した直後に何度も見返した場面が、あのシークエンスでした。
    その魅力は簡単に語ることは出来ない、と思っていますが、また改めて、取り上げてみよう、とも思っています。

    こちらからもリンクを貼らしていただきます。
    よろしくお願いします。

    西東あき
    プロフィール

    西東あき

    Author:西東あき
    24歳(♂)
    音楽、演劇、映画、文学と猫
    twitter : saito_0626

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    アクセス
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。