スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    読点、で、語る——太宰治と中勘助 

     佐藤正午が、エッセイ『小説の読み書き』(岩波新書、2006)という書物で、中勘助と太宰治の読点の打ち方を比較していた。前者は読点が少なく、後者は読点が多い。


    私のような者が神田のまんなかに生まれたのは河童が沙漠で孵ったよりも不都合なことであった。近処の子はいずれも神田っ子の卵の腕白でこんな意気地なしは相手にしてくれないばかりかすきさえあれば辛いめをみせる。なかでもむこうの足袋屋の息子なぞは伯母さんがぼんやりしていると後ろからだしぬけに人の横ずっ面をはっつけては逃げて行き行きしたもので私はひどくおじけてとかくひっこみがちになってしまった。
    (中勘助『銀の匙』)



    まったく、その子供の笑顔は、よく見れば見るほど、なんとも知れず、イヤな薄気味悪いものが感ぜられて来る。どだい、それは、笑顔でない。この子は、少しも笑ってはいないのだ。
    (太宰治『人間失格』)




    佐藤正午に言わせれば、読点の多い太宰の文章は、「息を継ぎなさいと作者に指図されている」ようで、「技巧/作り物」的であり、読点の少ない中勘助の文章は、「素朴で自然な感じ」である、ということ。

     なんとなく分かるけれども、ちょっと違う気もする。読点というものは、ニュートラルな言葉の羅列に作者の恣意的な意思を割り込むものだ、という見方をしてしまえば、確かに、読点が有れば有るほど技巧的な印象を与えるということになるのだろうけれども、読点を節約する中勘助の文体も、読点をつけないという戦略的な技巧を持っていると、逆説的にも感じられるし、読点がない文章を「素のまま」だとは感じられない。反対に不自然だ。



    ツイッターを始めました。アカウントは「西東あき@saito_0626」です。ブログにならない細かいことをつぶやいていこうと思います。フォローよろしくお願いします。

     と、議論の最中に突如宣伝する、という、戦略的な技巧(?)を用いてフォロワーを獲得しようとしてみたところで、話をもとに戻そう。



     彼の議論は、「作者」と「語り手」を混同しているように思う。「作者」とは太宰治や中勘助であって、「語り手」とは、その作者が創作した「私」という架空の登場人物。もっとも、私小説的側面をもつ小説において、両者は複雑に混じり合っているわけだが。

     
     二つの文章から受ける印象の違いは、三つの「距離感」に関係していないだろうか。「作者」と文章の距離感。「語り手」と文章の距離感。「語り手」と「作者」の距離感の三つである。そして読点が影響を与えるのは、二つ目の「語り手」と文章の距離感だというのが、小生の意見である。

     第一に、「作者」と文章の距離感。そこにはあまり両者の違いは観られない。先述したように、両者とも何かしらの戦略的技巧を文章に施してる。結果として現れた表現は正反対だけれども、文章を自在に操ろうとする文章に対する姿勢は、当たり前だが両者とも共通してプロフェッシャルな作家としての姿勢だ——もちろん、作者とお話したわけではないので、実際のところはわからないけれども、一般論として。

     第二に、「語り手」と文章の距離感。読点に大きく左右されるのは、これだ。中勘助の『銀の匙』の語り手と太宰治の『人間失格』を比べると、前者の方が語り手の余裕が感じられる。距離感が大きい。ストーリーをやや客観視しながら、流暢にスピーディーに語っている印象を受ける。読点のない流れるような文章のリズムがそれを感じさせる。
     それに対して『人間失格』。『銀の匙』に比べると、テンポが遅い。ゆっくりと、言い聞かせるような印象を与える。読点によって、文章区切られ、語り手が「息づかい」をする——佐藤正午は、我々読者が「息づかい」をするよう強いられると分析していたけれども、「息づかい」をするのは、その文章の「語り手」ではないだろうか——。語り手は、文章を噛みしめるように、「どだい、それは、笑顔ではない」と語る。「息づかい」を文章に感じるほど、語り手は文章と距離を近くしている。

     第三に、「語り手」と「作者」の距離感だ。これがややこしい。なぜならこれは「作者」が「語り手」にどれだけ自身を投影しているか、という極めて「作者」の主観的な問題だからだ。小生はそれぞれの作者の創作背景等については不勉強なため、詳しく考察することはやめておくけれども、一般論として、『人間失格』は自伝小説の側面があるとも評される、ということを思い出すと、『人間失格』において、「語り手」と「作者」の距離感が極めて小さいということが予想できる。そういう意味では、佐藤正午が、太宰治の文章を読むと、「息を継ぎなさいと作者に指図されている」と感じる、というのは、ある意味間違いではない。『人間失格』においては、「語り手の息づかい=作者の息づかい」のように感じられる、ということだ。ただ私に言わせれば、これは読点の効果ではなくて、「作者」と「語り手」の距離感が小さいということでしかない。 


     ああ。抽象的なことを言い過ぎたと、やや後悔をしながらも、最後、自身の言いたい結論を述べてしまおう。それは、読点は「語り」をつくることができる、ということだ。読点は、文章のテンポやリズムを決めながら、語り手の位置づけを行っている。「読点」が「語り口」を規定してる。どういう人物が、どういう距離感で、どういうテンションで、物事を語っているのか、ということ。ちなみにその読点の効果が、映画におけるショットとショットをつなぐモンタージュの効果と類似しているところがある、という思いつきをしたけれども、それをここで述べてしまうと取り留めもなくなるので、やめておこう。


     と、こんなフワフワとした結びをしてもつまらない、ということは私も分かっているので、第五考の結びにかえて、坂口安吾の『桜の森の満開の下』冒頭を引用してごまかすことにしようかな。



     桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。



     最後の読点が味を出していることは言うまでもない。


    西東あき

    具体的な書籍等の紹介を含め、ご意見アドバイス等があれば。
    スポンサーサイト

    ヌーヴェル・バーグ、中島哲也 —「作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方」—

     以前からよく話題に上るリアリズムについて。勉強中、次のような一節を見つけた。1950年代フランス映画、ヌーヴェルバーグの解説で。



     それまでのような、映画に現れるすべての出来事を作り手が熟知し、観客に手際よく説明するという物語ではなく、作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方で、そのなかに現実の人間の実感、心理のあいまいさ、不可解さをにじませた。彼らはアンドレ・バザンのリアリズム論、アレクサンドル・アストリュックのカメラ万年筆論、イタリアのネオレアリスモなどから影響を受け、主観と外界との関係から心の中に迫るリアリズムを探求した。
    (出口丈人『映画映像史 —ムーヴィング・イメージの軌跡』小学館, p.126–127)(傍線は執筆者)



    古典ハリウッド的な「語り」のアンチテーゼ。1950年代のフランス映画。この映画美学も、これまでに話題に出た吉行淳之介やアロノフスキー風のリアリズムか。小生の好きなタイプの表現。

     アンドレ・バザンの書籍でも読んでみようか、と、書籍リストに彼の名前をメモしている最中、面白いことを思い出した。本棚から湊かなえ『告白』の文庫本を取り出す。その巻末に、同名の映画を監督した中島哲也のインタビューがのっているはず。見つけた。『告白』映画化に対して、彼は次のように語っている。



    —では、最初から映画化を意識して?
    中島 いえ、必ずしもそうではありません。ただ、読み終わった後も、この小説に出てくる登場人物達・・・女教師の森口悠子はもちろん、罪を犯す少年A、B、そしてその親なんかがずっと頭に残っていました。(中略)登場人物達を映画に撮ることで、もっと彼に近づきたいと思ったんです。(中略)この作品を脚本化して、俳優さんに演じてもらうとなると、それぞれが僕にもっといろんな語りかけをしてくるだろうし、最初に読んだときには気づかなかった発見というのもあるのではないか、と思いまして。

    (湊かなえ『告白』双葉文庫, p303—304)



    ヌーベルバーグの引用風に言えば、「作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方」を、中島哲也はしているように思う。監督が物語の全てを、初めから神のごとく知っている訳ではないのだ。作りながら知る。

     ああ。なるほど。技巧的でキッチュな演出にあふれている彼の映画に、深い人間的情感が込められているのは、そういうことか。登場人物の理解を求めて、監督は、役者に「生の演技」を強いるわけだ。監督は役者を通したリアル語りかけを求めているのか。だから中島哲也は役者に厳しいのかもしれない。

    『嫌われ松子の一生』で、私の最も好きなシーンを二つ。対位法的な音楽を背景に、中谷美紀や伊勢谷友介がリアルな「生の演技」をする。ぐっとくる。






    後者の動画において、原作の小説に、このシーンがない、ということにも注目したくなる。小説に現れた文章以外からも、登場人物を理解しようする中島哲也の姿勢とも読み取れる。そういえば『告白』にも、松たか子が、夜道を歩きながら一人で泣く、という小説にはないシーンがあったような気もするが、記憶が曖昧のため、断言はよしておこう。



     第四考を閉じる前に、些か内省的になった。
     小生は、大学演劇をしていて、脚本演出を担当することも多かったが、そういえば、「なんで脚本家なのに、自分の脚本のことわからないの?」と良く言われたものだ。今度そういわれたら、「私はフランス、ヌーヴェル・バーグの系譜を継ぐ者ですので」とでも言っておこうかな。


    西東あき

    具体的な書籍等の紹介を含め、ご意見アドバイス等があれば。
    プロフィール

    西東あき

    Author:西東あき
    24歳(♂)
    音楽、演劇、映画、文学と猫
    twitter : saito_0626

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    アクセス
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。