スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヌーヴェル・バーグ、中島哲也 —「作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方」—

     以前からよく話題に上るリアリズムについて。勉強中、次のような一節を見つけた。1950年代フランス映画、ヌーヴェルバーグの解説で。



     それまでのような、映画に現れるすべての出来事を作り手が熟知し、観客に手際よく説明するという物語ではなく、作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方で、そのなかに現実の人間の実感、心理のあいまいさ、不可解さをにじませた。彼らはアンドレ・バザンのリアリズム論、アレクサンドル・アストリュックのカメラ万年筆論、イタリアのネオレアリスモなどから影響を受け、主観と外界との関係から心の中に迫るリアリズムを探求した。
    (出口丈人『映画映像史 —ムーヴィング・イメージの軌跡』小学館, p.126–127)(傍線は執筆者)



    古典ハリウッド的な「語り」のアンチテーゼ。1950年代のフランス映画。この映画美学も、これまでに話題に出た吉行淳之介やアロノフスキー風のリアリズムか。小生の好きなタイプの表現。

     アンドレ・バザンの書籍でも読んでみようか、と、書籍リストに彼の名前をメモしている最中、面白いことを思い出した。本棚から湊かなえ『告白』の文庫本を取り出す。その巻末に、同名の映画を監督した中島哲也のインタビューがのっているはず。見つけた。『告白』映画化に対して、彼は次のように語っている。



    —では、最初から映画化を意識して?
    中島 いえ、必ずしもそうではありません。ただ、読み終わった後も、この小説に出てくる登場人物達・・・女教師の森口悠子はもちろん、罪を犯す少年A、B、そしてその親なんかがずっと頭に残っていました。(中略)登場人物達を映画に撮ることで、もっと彼に近づきたいと思ったんです。(中略)この作品を脚本化して、俳優さんに演じてもらうとなると、それぞれが僕にもっといろんな語りかけをしてくるだろうし、最初に読んだときには気づかなかった発見というのもあるのではないか、と思いまして。

    (湊かなえ『告白』双葉文庫, p303—304)



    ヌーベルバーグの引用風に言えば、「作り手も観客と同じ目の高さから出来事を体験していくという作り方」を、中島哲也はしているように思う。監督が物語の全てを、初めから神のごとく知っている訳ではないのだ。作りながら知る。

     ああ。なるほど。技巧的でキッチュな演出にあふれている彼の映画に、深い人間的情感が込められているのは、そういうことか。登場人物の理解を求めて、監督は、役者に「生の演技」を強いるわけだ。監督は役者を通したリアル語りかけを求めているのか。だから中島哲也は役者に厳しいのかもしれない。

    『嫌われ松子の一生』で、私の最も好きなシーンを二つ。対位法的な音楽を背景に、中谷美紀や伊勢谷友介がリアルな「生の演技」をする。ぐっとくる。






    後者の動画において、原作の小説に、このシーンがない、ということにも注目したくなる。小説に現れた文章以外からも、登場人物を理解しようする中島哲也の姿勢とも読み取れる。そういえば『告白』にも、松たか子が、夜道を歩きながら一人で泣く、という小説にはないシーンがあったような気もするが、記憶が曖昧のため、断言はよしておこう。



     第四考を閉じる前に、些か内省的になった。
     小生は、大学演劇をしていて、脚本演出を担当することも多かったが、そういえば、「なんで脚本家なのに、自分の脚本のことわからないの?」と良く言われたものだ。今度そういわれたら、「私はフランス、ヌーヴェル・バーグの系譜を継ぐ者ですので」とでも言っておこうかな。


    西東あき

    具体的な書籍等の紹介を含め、ご意見アドバイス等があれば。
    スポンサーサイト

    ダーレン・アロノフスキー『ノア』とリアリズム表現 ー「孤独な人間」

     前回、アロノフスキーの『ノア』を取り上げたが、それに関連して。

     表現のリアリティに関する興味深い文章を見つけた。私の敬愛する作家吉行淳之介の『技巧的生活』(昭和42年新潮文庫)の巻末に載せられた奥野健男による解説。

     そして作者は、男も女も登場人物のすべての心理を見通し、それを意のまま操る、神のごとき場所にいる今までの小説作家の位置を信用しない。毎日一緒に暮らしている女房の心理、たえず知ろうとつとめている恋人の心理さえ、ほんとうにわかることがない。相手の心理がわかったと言うのは幸福な妄想である。知りたいと思えば思うほど、コミュニケーションの不能な他者の壁が強く意識されるのではないか。その了解不能の壁の存在を描くことが、そして孤独な人間の内部を描くことが相手の心理を何でも知っていると絵解き的に描くより、はるかに真実に迫ることができるのだ。かつては諸人間の心理が鳥瞰でき、その組み合わせのメカニズムを客観的に眺めることに興味を感じていた小説の読者も、今はそれをリアリティのないつくりもののように感じ、信用しなくなってしまった。相手のほんとうの心はわからず、あせりもがくところに切迫したリアリティと切実な共感をおぼえるのだ。
    太字下線は執筆者による)

    吉行淳之介が、不可解な女性に対して「あせりもがく」男の孤独な心理を描いたのだとしたら、『ノア』では、不可解な神に対して「あせりもがく」ノアの孤独な心理が描かれたとでもいえようか。

     またこの引用によって示唆されることは、リアリズムには2種類あるということ。「相手の心理を何でも知っていると絵解き的に描く」神の視点からのリアリズム表現と「孤独な人間の内部を描く」主観的な視点からのリアリズム表現。後者がより現代的。ギリシャ悲劇のリアリズム表現は前者にあたりそうだ。

     「ノアの方舟」という、それこそ古代劇にでも出てきそうな題材を扱いながらも、『ノア』からどことなくホームドラマ感が溢れ出ているのは、その映画の現代的なリアリズム表現のせいか。「ストーリー」と「語り」のミス・マッチとでもまとめておこう。


     第二考を閉じようとした時、ふと思う。現代的なリアリズムが「孤独な人間の内部を描く」とはどういうことだろう。「孤独」にリアルを感じるなんて、現代人は皆、常日頃から寂しい思いをしているということか。


    西東あき

    具体的な書籍等の紹介を含め、ご意見アドバイス等があれば。

    プロフィール

    西東あき

    Author:西東あき
    24歳(♂)
    音楽、演劇、映画、文学と猫
    twitter : saito_0626

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    アクセス
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。